モノ探Top >  デジタル家電 >  地デジチューナー比較

スポンサーリンク

地デジチューナー比較

chidigi.jpg
地デジ放送への移行(2011.7.24)に伴い、デジタル放送に対応したテレビへの買い替えが進んでいますが、地デジチューナーを購入・設置すれば、従来のアナログテレビのままでも地上波デジタル放送を試聴することができます。ケーブルテレビに加入する方法もありますが、アナログテレビがまだまだ元気な家庭や、大画面デジタルテレビの購入をひとまず見合わせている人などには比較的安価な、地デジチューナーの購入がおススメです。人気の地デジチューナーの特長を比較します。

◆I-O DATA HVT-BT200
地デジとBSデジタル放送の2波が視聴可能になるデジタルハイビジョンチューナーです。手持ちのデレビにあわせて、コンポジット、S1/S2、D映像出力端子と多彩な外部出力端子を搭載しているのが特長で、たいていのアナログテレビとの接続が可能です。またパソコン用のディスプレイにアナログRGBケーブルを使って直接接続することができるので、余ったディスプレイをテレビとして使うことができます。本体の前面には視聴中の放送の種類を表示するインジケーターを内蔵しています。搭載している電子番組表も好評です。また地デジのみに対応した低価格モデルの HVT-T100 (実勢価格10000円前後)もあります。
◯地上・BSデジタルハイビジョンチューナー HVT-BT200(アイ・オー・データ):実勢価格は16000円前後。

◆BUFFALO DTV-S30
バッファローのDTV-S30は、ハイビジョン非対応のアナログテレビ用地デジチューナーです。ハイビジョン画質を楽しむことはできませんが、アンテナにつなぐだけで簡単にアナログテレビで地デジを見ることができます。画面比率が4:3のアナログテレビでも画面いっぱいに表示することが可能なほか、画面比率16:9のアナログワイドテレビでもワイド放送が楽しめるスクイーズ出力に対応しているのが特長です。
◯アナログテレビ用 地デジチューナー DTV-S30(バッファロー):実勢価格は10000円前後。

◆TOSHIBA SD-PDT12W
東芝の地上デジタルハイビジョンチューナーはコンパクトな横置きボディ。付属のスタンドを使って縦置きも可能でテレビの側に置いても場所をとりません。D映像出力端子(D1/D3対応)を搭載しているので、D端子搭載のテレビと接続すれば高品位な画質を楽しめるのが特長です。また、ポータブルDVDと専用ケーブルで接続すれば、手軽に地上デジタル放送の視聴ができます。地上デジタル放送の電子番組表にも対応しているので、選局や番組選択も便利に行なえます。
◯地上デジタルハイビジョンチューナー SD-PDT12W(東芝):実勢価格は14000円前後。

売れ筋の地デジチューナー製品ラインナップ

スポンサーリンク

地デジチューナー比較の関連記事

モノ探Top >  デジタル家電 >  地デジチューナー比較

▲地デジチューナー比較トップへ↑


ソフトバンク携帯のりかえで
最大70,000円キャッシュバック



auひかり+auスマホで
月通信費1480円引×2年間!

スポンサーリンク

▼楽天市場

Information