モノ探Top >  デジタル家電 >  デジタル一眼の掃除法

スポンサーリンク

デジタル一眼の掃除法

digiclean.jpgデジタル一眼レフカメラはデリケートな精密機器です。初心者にとって自分で掃除や手入れ・メンテナンスをするのは不安なものですが、初心者でも安全にそして簡単に掃除や手入れができる方法と、備えておくと便利なクリーニング用品をまとめましたので参考にどうぞ。

まずはデジタル一眼レフの保管について。自宅でデジカメを保管する場合に最も気をつけなければいけないのは湿度です。湿気が高くなったり温度差の激しいところに保管すると、結露を生じたりカビが発生しやすくなります。デジタル一眼のボディ内部やレンズ内にカビが発生すると、写真にカビが写ることがあるほか、故障にいたる場合もありますので、保管場所の湿度には十分配慮しましょう。

◯レンズの手入れと掃除:デジタル一眼レフはレンズが着脱可能です。カメラの写りはレンズが命ですので、こまめに手入れをしましょう。レンズを拭く前にまずブロアをかけます。ホコリが付いた状態でレンズを拭くと細かなキズを付けてしまう可能性があるからです。先にブロアでホコリを吹き飛ばしてから、使い捨てのクリーニングペーパーに少量のクリーニング液をつけて慎重にレンズを拭き掃除します。そして最後にレンズ全体にもブロアをかけて、部品の隙間に入り込んだホコリを入念に吹き飛ばし、ペーパーもしくはクロスで拭いておけばオーケーです。

◯デジタル一眼レフ ボディの掃除:レンズを取り替えるときにボディの内部にもホコリが侵入しますので、内部にもブロアをかけましょう。まずはメニューが面からクリーニングミラーアップを選択します。内部機器は絶対に指で触ってはいけません。内部へのブロアかけは慎重に。ボディを逆さまにしてホコリを下に落とすようにしながら、本体内部に斜めの風をあてるのがポイント。ブロアの先を差し込みすぎて内部に触れないように注意してください。その後、ボディキャップを付けた状態で本体を使い捨てのクリーニングペーパーまたはクロスで入念に拭き掃除をします。

◯デジタル一眼レフの保管:自宅で保管する場合、温度や湿度の一定した適当な場所が見つからない場合は、防湿庫と呼ばれる、湿度対策が可能な収納ケースに保管すれば安全です。価格はピンからキリまでありますが、プラ製のケースならお手頃です。中に湿気を吸収してくれる乾燥剤を入れておけば安心ですね。

◯掃除や手入れに便利なグッズ:ブロアブラシは手を触れずにホコリを吹き飛ばすのに便利です。レンズ用の使い捨てクリーニングペーパー、レンズクリーニング液と3点セットになったものが売られています。またハイテク繊維を使用した布製クロスが各種出ていますので、ボディの拭き掃除に使用すると良いでしょう。

スポンサーリンク

デジタル一眼の掃除法の関連記事

モノ探Top >  デジタル家電 >  デジタル一眼の掃除法

▲デジタル一眼の掃除法トップへ↑


ソフトバンク携帯のりかえで
最大70,000円キャッシュバック



auひかり+auスマホで
月通信費1480円引×2年間!

スポンサーリンク

▼楽天市場

Information