モノ探Top >  デジタル家電 >  上級コンパクトデジカメ新機種比較

スポンサーリンク

上級コンパクトデジカメ新機種比較

小型・軽量のコンパクトデジカメが欲しいけれど一般機の性能ではやや不満。でも一眼デジカメまでは不要という人は上級機種のコンデジを選ぶのが正解。コンパクトデジタルカメラのハイグレードモデルは、小型で低価格ながら写りは一眼デジカメ並みの性能を備えています。キヤノン パワーショットS95、リコー CX4、パナソニック ルミックス LX5、フジフイルム ファインピクス F300EXRの最新コンパクトデジカメ上級機種4モデルを比較します。

◆キヤノン パワーショット S95
Canonのパワーショット S95は大きなデザインの変化はないものの、歴代モデルのコンセプトを熟成させて来たモデルです。それだけに画質と操作性は徹底追求されており、総合性能は抜群です。
パワーショット S95は、F2.0の明るい広角レンズと、高感度の大型センサーを採用し、暗い場所での広角撮影に強くなりました。ステレオ音声のフルHD動画撮影に対応し、マクロ撮影時に威力を発揮する新手ブレ補正機構を搭載するなど、先モデルのS90より進化しました。
Canon パワーショット S95はオート撮影時のISOやコントラストの微調整が可能になるなど、写真にこだわる人も満足できる機能を備えています。ズームは28〜105mm相当。価格は実勢40500円前後です。

◆リコー CX4
RICOHのCX4は手ブレに強い高倍率ズームのコンパクトデジカメです。裏面照射型CMOSセンサー採用で10.7倍ズームを搭載。センサーシフト式の手ブレ補正機能は先代モデルより効果が約3倍になっています。
CX4には新機能の追尾AFが加わり、動きの激しい被写体の撮影のオート撮影が便利になりました。操作面では十字キーに変えてジョイスティックが搭載され、指先でさまざまな設定ができます。
リコー CX4は秒10コマの高速連写機能や高感度撮影も可能。望遠端までマクロ撮影ができるのも魅力です。ズームは28?300mm相当。価格は実勢37000円前後です。

◆パナソニック ルミックス DMC-LX5
Panasonic LUMIX DMC-LX5もF2.0の明るい広角ズームレンズを搭載。ズームレバーを押すと決めた画角に段階的にズームする機能や、電源をオフにしても以前のズーム位置で起動するズーム位置メモリー機能も便利です。
LUMIX DMC-LX5は背面右上にダイアルを装備し、カメラを構えたまま指先で操作できるほかプッシュ操作も可能。このダイヤルにより操作性がかなり高くなっています。
ルミックス DMC-LX5のレンズは超広角24mm〜90mm相当で、F2.0~3.3と望遠側でもかなり明るいのが特長。暗い条件でもすばやく美しい写真をゲットするには最適のコンパクトデジカメです。価格は実勢45500円前後。

◆富士フイルム ファインピクス F300EXR
FUJIFILMのFinePix F300EXRは、コンパクトなボディに15倍ズームを搭載しながら、一眼レフ並みの高速オートフォーカスを実現したモデル。広角も24mmとかなり引けます。360mm相当の超望遠でも瞬速AFでピントが合うので使い勝手ヨシです。望遠撮影の機会が多い人にはぴったりのコンデジと言えましょう。
F300EXRは内蔵フラッシュも高性能です。近距離でのフラッシュ撮影でも微妙な発光制御を実現。ポップアップしたフラッシュを手で押し込むだけで、非発光状態に切り替えられるので、いちいち設定をせずにすむので便利です。
フジフイルム ファインピクス F300EXRのレンズは24〜360mm。手軽に360°のパノラマ写真が撮れる機能も楽しいです。価格は実勢34300円前後です。


スポンサーリンク

上級コンパクトデジカメ新機種比較の関連記事

モノ探Top >  デジタル家電 >  上級コンパクトデジカメ新機種比較

▲上級コンパクトデジカメ新機種比較トップへ↑


ソフトバンク携帯のりかえで
最大70,000円キャッシュバック



auひかり+auスマホで
月通信費1480円引×2年間!

スポンサーリンク

▼楽天市場

Information