モノ探Top >  玩具・文房具 >  バウリンガルボイスの新機能

スポンサーリンク

バウリンガルボイスの新機能

bowlingualvoice.jpgバウリンガルボイスはタカラトミーの新世代「犬語翻訳機」。2002年に発売されたバウリンガルが進化。新機能として、音声での自動通訳機能と5台までの複数台同時使用が可能になりました。犬の感情を音声と文字とアニメで即時に知ることができるバウリンガルボイスがあれば、愛犬とのコミュニケーションが一層深まります。


バウリンガルボイスは、日本音響研究所が開発した動物感情分析システムのデータをもとに、愛犬の鳴き声をリアルタイムに声紋分析して、楽しい・悲しい・フラストレーション・威嚇・要求・自己表現の6つの感情で捉え、音声で同時通訳。液晶画面にも文字とアニメーションで表示する犬語翻訳機です。同時通訳の音声は、オス・メス別に男の子と女の子の声が用意されており、その感情の出力パターンは男女それぞれ約100種類もあります。犬の会話が人の声で聞けるのはとても楽しいですね。


犬と一緒にくらしていると、愛犬がどういう理由で他人に吠えたり威嚇したりしているのか、何か要求しているのかなど、分からないことが多いもの。バウリンガルボイスで犬の感情を把握できれば、より適切な対処法のヒントを得ることができます。また「るすばんモード」に設定しておくと、留守中の愛犬の鳴き声解析データを記録し帰宅後留守中の犬の感情変化を知ることができます。鳴かないときでも、表情やしぐさから犬の感情を知ることができる「アクション辞典」も搭載しているので安心です。


旧製品のバウリンガルではFM波だった鳴き声の転送方法が、バウリンガルボイスではデジタル化され、混線する事なしに5台までの複数台同時使用が可能になりました。これにより、公園やドッグカフエでバイリンガルボイスを付けた犬仲間と一緒になったときなど、お互いの犬がどんな感情で会話しているかをリアルタイムに音声で聴き取ることができます。「ぼくのこと好き?」「あっち行って!」など、犬同士の会話を翻訳して、たいへん興味深く楽しい時間が過ごせるに違いありません。


そしてバウリンガルボイスには、カリスマ獣医師の野村潤一郎氏が監修する、データ分析モード、犬検定、アクション辞典、通訳モード、犬ドリル、ワンコロジー、スケジュール、お知らせモードの8つの魅力的なコンテンツが搭載されています。対応犬種は50種プラスMIX6タイプに対応しているので、ほとんどの犬種で使用できます。バウリンガルボイスの親機と子機の通信可能距離は約10mですが、使用時の条件によって異なる場合があります。

◯バウリンガルボイス(タカラトミー):カラーはグリーン、ピンク、ブルーの3色。バウリンガルボイス本体(親機・子機)子機用ベルト2本がセット。電池別売。価格は19950円。8月27日発売。

タカラトミー バウリンガルボイス関連製品一覧(Amazon.co.jp)

アイペットから業界最安値のペット保険が登場!

スポンサーリンク

バウリンガルボイスの新機能の関連記事

モノ探Top >  玩具・文房具 >  バウリンガルボイスの新機能

▲バウリンガルボイスの新機能トップへ↑


ソフトバンク携帯のりかえで
最大70,000円キャッシュバック



auひかり+auスマホで
月通信費1480円引×2年間!

スポンサーリンク

▼楽天市場

Information