スポンサーリンク

宝くじの共同購入

宝くじの共同購入は大量購入によって費用に対して当たる確率が上昇するのがメリットですが、当選した場合の配当金額は減少してしまいます。当たりが他人に知られる、当りくじが手元にないなどのリスクがあり、宝くじの共同購入サイトなどもあります。



宝くじの高額当籤確率、人気売り場など買い方の基礎知識と購入代行サービス。

庶民が一攫千金ののぞみをかける宝くじ。現在1億円以上の高額当せんがあるのは、ドリームジャンボ、サマージャンボ、年末ジャンボの3つの宝くじですが、これらの宝くじは1等の前後賞をあわせると3億円、2等が1億円の設定となっています。ジャンボ宝くじはユニットごとに当たりが設定されているので、例えば70ユニット発売されると1等は70本ということになり、1等2億円の当選確率は発行枚数にかかわらず1/1000万になります。2等の1億円は1/500万、3等の500万円は1/100万、4等10万円が1/6000、5等1万円は1/1000の確率です。そして7等の300円が1/10の確率なのは10枚単位のバラまたは連番で買う方にはお馴染みでしょう。

宝くじの高額当せんを狙う買い方として人気があるのが、過去の当籤本数の多い売り場で宝くじを購入する方法です。実際に人気のある東京の「西銀座デパートチャンスセンター」では過去5回のジャンボで1・2等計21本31億円が当たり、大阪の「大阪駅前第4ビル特設売り場」では13本23億円,名古屋の「名駅前宝くじチャンスセンター」が14本22億円、「名駅観光名駅地下支店」が11本25億円などと当たり本数が飛び抜けています。発行枚数が多くなる分当籤本数が増えるのは当然ですが、人気売り場で購入する方法はデータから見ても有効なようですね。


Yahoo! toto
最近では、手数料を支払えば業者が人気売り場で購入「宝くじ購入代行サービス」がありますが、宝くじは当せん金つき証票法により転売が禁止されているために事前の入金が必要なのと、当たった場合には業者に情報を知られている可能性がありますので、業者は慎重に選びましょう。

億万長者続出の行列のできる有名売場からジャンボ宝くじを自宅へお届け!

宝くじの高額当選を狙う上手な買い方のテクニック。当たったときどうする?

さまざまな方法が言われていますが、いずれも外れるリスクは回避できないことが前提です。宝くじを買う場合、「連番」か「バラ」を選択するのが普通ですが、買い方の上級テクニックとして「ダブル買い」と「縦バラ買い」という方法があります。

●ダブル買い:ダブル買いは、同一組、同一番号の別ユニットを購入する買い方です。外れるリスクは大きいのですが、いざ1等が当たったときには倍の6億円が手に入る可能性に賭ける買い方です。

●縦バラ買い:縦バラ買いは3枚ずつの連番をセットにして、バラして買ってゆく方法で,メリットはバラのランダムな可能性に期待しつつ、1等が当たった場合に前後賞も狙おうという買い方です。

さて、宝くじに当籤した場合の換金方法をご存知でしょうか?1万円以下の場合はどの売り場でも換金が可能です。5万円マークの表示のある売り場では5万円までの受け取りが可能ですが、10万円以上の当籤金はみずほ銀行に行く必要があります。宝くじの裏に、住所、氏名を記し、印鑑や免許証などを持参します。当たりが高額の場合は鑑定などがあり当日には受け取れないので注意してください。

●ジャンボの1等当選確率は1/1000万→ BIGなら約1/480万。しかも最高6億円!
     ↓↓↓

≪最高6億円くじBIG!≫並ばなくてもネットで24時間いつでも買える!



スポンサーリンク