モノ探Top >  アウトドア >  GPSロガー M-241とSONY nav-u NV-U35

スポンサーリンク

GPSロガー M-241とSONY nav-u NV-U35

GPSデータロガーやGPS搭載のポータブルナビを持ち歩けば、鉄道や自転車の旅の楽しみがうんと広がります。GPSロガーの代表モデル、台湾HOLUX社のハンディGPSデータロガー M-241と、サイクルコンピュータ搭載のポータブルナビ、SONY nav-u NV-U35をピックアップします。

Bluetooth搭載 ハンディGPSロガーの代表的モデル
◆HOLUX ハンディGPSロガー M-241
台湾HOLUX社のハンディDL/M-241はBluetoothとUSB接続に対応しているGPSデータロガー。ノートPC、PDA、スマートフォン等とワイヤレスやUSB接続して使用できるほか、本体に小型の液晶ディスプレイを搭載しており、緯度・経度、速度・高度、時刻、移動距離を表示することが可能なので、単体でも情報を確認することができます。本体のMENUボタンを押すごとに違う情報が表示されます。M-241には130,000点のログデータが記録可能。並列32チャンネルの高感度GPS、MTK chipsetを搭載し単3電池一本で約12時間連続使用ができます。

HOLUX ハンディGPSロガー M-241の本体サイズは約32×30×75mmで39gと小型軽量。35mmフィルムのパトローネのような黄色のボディで、ストラップでぶら下げて使用できるので使い易いです。移動経路などの位置情報はGoogle Earth上に表示させるのも楽しい使い方。鉄道での旅では列車速度や路線の勾配の状況がリアルタイムで変化してゆくのを楽しめます。HOLUX ハンディGPSロガー M-241にはBluetooth非搭載のモデル、HOLUX GPS Logger M-241Cもラインナップしています。HOLUXのGPSロガーは、日本語説明書や地図データCD-ROMがセットになったものを購入するのがおすすめです。


自転車での移動もサポートした防水仕様ナビ
◆SONY ナブユー nav-u NV-U35
ソニーのnav-u(ナブユー)NV-U35は3.5型のカラー液晶ディスプレイを搭載したポータブルナビゲーションシステムです。前モデルNV-U3Cに比較してフラッシュメモリーの容量を8GBへと倍増、地図カバーエリアが強化されています。自動車用と徒歩用のナビに加えて、自転車での移動をサポートした防水仕様になり、自転車ナビ機能、サイクルコンピュータ、デジタルコンパス表示機能などが搭載されました。

自転車ナビ機能は、クルマ用ナビでは表示されない狭い道路やサイクリングコースなどを収録し、サイクリストに便利な仕様になっています。そしてサイクルコンピュータではGPSで測定した速度・高度・距離・経過時間やカロリー消費量の表示ができます。コンパス表示では現在の進行方位と登録目的地までの直線距離と方向を表示します。メモリースティックデュオを使用すれば走行時のログを取ることが可能。記録したログはUSB経由でPCに転送して使えます。


ナビの機能以外にもビデオ・音楽・静止画像の再生が可能なAV機能を搭載。内蔵バッテリーでの連続動作時間は通常モードが約4時間、スタミナモードが約6時間、スーパースタミナモードが約11時間で、3.5〜4時間でフル充電できます。SONY nav-u NV-U35の本体サイズは約112×79×18mmで176gと軽量。カラーはブラック、ホワイト、オレンジの3色。GPSロガーの数字表示だけでは物足りないという人は、ナブユーNV-U35が楽しめますよ。

スポンサーリンク

GPSロガー M-241とSONY nav-u NV-U35の関連記事

モノ探Top >  アウトドア >  GPSロガー M-241とSONY nav-u NV-U35

▲GPSロガー M-241とSONY nav-u NV-U35トップへ↑


ソフトバンク携帯のりかえで
最大70,000円キャッシュバック



auひかり+auスマホで
月通信費1480円引×2年間!

スポンサーリンク

▼楽天市場

Information