モノ探Top >  パソコン関連 >  外付けBDドライブ

スポンサーリンク

外付けBDドライブ

bd.jpgパソコン用のブルーレイディスク(BD)ドライブには、外付け用と内蔵用とがあります。ここでは設置や接続が比較的簡単な外付けBDドライブを紹介します。ブルーレイディスクには最大50GBのデータを保存することができ、ハイビジョンの映像も楽しめます。ただお手持ちのパソコンによってはBDの機能を完全に使えない場合や、全く再生できない場合もありますので、必ず確認を済ませてから購入するようにしてください。

外付けBDドライブを接続すると、市販のブルーレイディスク映像の試聴ができるほか、パソコンのデータのバックアップや、ホームビデオカメラで撮影したハイビジョン動画をハイビジョン高画質のまま保存することができます。また従来のCD、DVDのメディアも使用が可能なので大変便利です。ブルーレイ(Blu-ray)は、DVDと同じ直径12cmのメディアで片面1層で25GB、2層なら50GBの大きな容量を持っています。書き込みが一度限りのものをBD-R、何度も書き換えが可能なものをBD-REと呼んでいます。

パソコンとBDディスクドライブの接続方式は「eSATA」「USB2.0」などの規格があります。eSATA方式は高速の8倍速での読み込みが可能です。外付けの場合はUSB2.0方式が主流ですが、こちらではやや読み込み速度が劣るようです。製品に添付の転送高速化ソフトをインストールして使うと、いくぶんは高速化されます。またPCとのUSB接続はハブを介さずに直接繋ぐことが重要です。ちなみにBDの1倍速はDVDの3.2倍速に相当します。

デスクトップパソコンで外付けBDを使用して、ブルーレイディスクコンテンツを再生する場合に注意したいのはディスプレイとの接続方式で、著作権保護のためのデータ転送の暗号化に対応している必要があります。プレイヤーソフトやビデオカードなどに必須条件があり、全く再生できない場合もありますので、製品の購入前にこちらのサイトからソフトをダウンロードして、自分のパソコンでBDビデオが観られるかどうかをあらかじめ確認しておくと良いでしょう。

◯外付けブルーレイドライブ  BR-H816SU2(バッファロー):実勢価格35000円前後
◯外付けブルーレイドライブ  BRD-UH8(アイ・オー・データ):実勢価格35000円前後

スポンサーリンク

外付けBDドライブの関連記事

モノ探Top >  パソコン関連 >  外付けBDドライブ

▲外付けBDドライブトップへ↑


ソフトバンク携帯のりかえで
最大70,000円キャッシュバック



auひかり+auスマホで
月通信費1480円引×2年間!

スポンサーリンク

▼楽天市場

Information