モノ探Top >  パソコン関連 >  書類整理用スキャナー

スポンサーリンク

書類整理用スキャナー

scansnap.jpg書類整理専用のコンパクトスキャナーがあれば、デスクのペーパーレス化が一気に進みます。書斎の机や引き出しに山積みになりがちな紙の文書は、データ化してしまえばスッキリ片付くのですが、作業が面倒でなかなか踏み切れないと言うのが実際のところ。A4用紙、ハガキ、名刺など、バラバラのサイズでも簡単に取り込めるか、また取り込んだあとのデータの整理や管理ソフトの使い勝手も重要なポイントです。

文書用のスキャナーは多種多様な製品が発売されていますが、特におすすめなのが富士通PFUのスキャンスナップシリーズ。なかでも「ScanSnap S300」は、A4ノートパソコンよりも小さい、世界最小最軽量の超コンパクトサイズのスキャナーで、まわりにAC電源がなくてもUSBバスパワーで駆動するので便利です。スキャニングした画像内の文字を認識してテキストデータに変換してくれるOCRソフトも同梱されているので、文書整理がサクサクはかどります。

ScanSnap S300では、書類の両面を同時に読み込め、複数枚の書類を一度にスキャンできる点も便利です。OCRソフトの機能を利用すれば、たくさんの書類から必要な文書をキーワードで検索できるのでスムーズに閲覧ができます。これは書類データ化のメリットのひとつですね。最初に機能の設定をしておけば、あとはボタンのワンプッシュで快適に操作できます。手軽に書類用スキャナーの有効な使い方ができるのです。

パソコンに取り込んだスキャンデータは、スキャンスナップ専用ソフトの「ScanSnap Organizer」で使いやすいようにフォルダを設定します。OCR機能を使って名刺から名前や住所を読み取り、分類して保存すれば住所録に入力する手間も省けます。検索も手軽にできるので個人の情報を探すときも簡単に行なえます。大事なことはペーパー文書が手元に来たら、すぐにデータ化する習慣をつけてしまうこと。書類を貯めないこととスキャンデータの整理は、やはり必要ですね。またMac用や、ScanSnap S300の5倍の連続スキャン能力を持つ上位機種のScanSnap S510もあります。

◯ScanSnap S300(富士通PFU):サイズ 幅284×高さ77×奥行95mm/重さ 1.4kg。実勢価格29000円前後。
◯ScanSnap S510(富士通PFU):サイズ 幅284×高さ158×奥行157mm/重さ 2.7kg。実勢価格39000円前後。

富士通ScanSnapシリーズ製品ラインナップ

スポンサーリンク

書類整理用スキャナーの関連記事

モノ探Top >  パソコン関連 >  書類整理用スキャナー

▲書類整理用スキャナートップへ↑


ソフトバンク携帯のりかえで
最大70,000円キャッシュバック



auひかり+auスマホで
月通信費1480円引×2年間!

スポンサーリンク

▼楽天市場

Information