モノ探Top >  パソコン関連 >  WiMAX,3.5G,Wi-Fiのメリット・デメリット

スポンサーリンク

WiMAX,3.5G,Wi-Fiのメリット・デメリット

iPadの登場で、高速無線データ通信サービスに注目が集まっています。導入を検討する際に役立つ、WiMAX、3.5G、Wi-Fiの主要3通信規格のメリットとデメリットを簡単にまとめました。

◆WiMAX

NEC AtermWM3300R
無線LAN内蔵
モバイルWiMAXルータ
WIMAXのメリットは通信速度が速いこと。3.5Gよりも高速で、下りの最大が40Mbps、上り最大が10Mbpsでネットにアクセスすることが可能です。またWiMAXに対応した端末内蔵タイプがPC豊富なのも便利。パソコンとの相性も良くスリープ復帰直後に再接続されるのも魅力です。WiMAXのデメリットは、まだ基地局が少なくてカバーエリアが限られていること。通信エリアは全国の政令都市と主要都市の周辺に限られていることです。ただしUQコミュニケーションズの通信網も急速に拡大中です。

WiMAXは生活圏が通信エリアの中にあって、外でも高速ネット通信を楽しみたい人にはオススメです。

◆3.5G
3.5Gはケータイの通信網を利用した規格なので、携帯電話が通話できる範囲であればどこでもネットに接続できるのがメリットです。またUSBやCFカード、Expressカードなど接続端末の種類が豊富。特にUSBタイプの端末はほとんど全てのPCで機種を選ばず接続できます。デメリットは通信速度が少々遅いことで、下り最大が7.2Mbpsです。エリアによっては高速のサービスを受けられます。

3.5Gは場所を選ばずいつでもネットに接続する必要のある人におすすめ。出張や旅行が多かったり通勤時間の長い人の移動中にも安定したデータ通信が可能なNTTドコモの3.5Gが最適の選択でしょう。

◆Wi-Fi
Wi-Fiも通信速度は速く、最新の11nであれば、下り/上り最大300Mbpsと超高速で、しかも料金が月額500〜1000円程度で利用できて割安です。無料のスポットも数多くあるので便利ですが、Wi-Fiのデメリットは利用エリアが限られていることで、アクセスポイントの周囲50m程度でしか接続できません。

Wi-Fiは頻繁にネット接続する必要がない人や、エリア内の特定の場所で利用することが多い人には最適です。

◯ WiMAXや3.5G通信を利用して基地局と通信し、Wi-Fiを介してPCやモバイル端末と接続するハイブリッド型のモバイル無線ルーターを利用すれば、屋外や自宅で無線ネット接続の環境が構築できます。

【イー・モバイル】テザリング搭載スマートフォン
今ならWeb限定 ギフト券【最大15,000円】プレゼント!


ZEROストアはデータカード×PCセットが盛りだくさん
あなたにあったパソコンセットがきっと見つかる!

スポンサーリンク

WiMAX,3.5G,Wi-Fiのメリット・デメリットの関連記事

モノ探Top >  パソコン関連 >  WiMAX,3.5G,Wi-Fiのメリット・デメリット

▲WiMAX,3.5G,Wi-Fiのメリット・デメリットトップへ↑


ソフトバンク携帯のりかえで
最大70,000円キャッシュバック



auひかり+auスマホで
月通信費1480円引×2年間!

スポンサーリンク

▼楽天市場

Information